日本在住約30年と10年、日本を愛してやまないスリランカ出身の二人が、日本の旅行者を中立的な立場でサポートすることをミッションとし、立ち上げたサイトです。
 
スリランカについての情報提供はもちろん、スリランカ観光に関するアドバイス、また旅行プラン作成の手助けなど、全てを無料で対応させていただきます。

一人でも多くの日本の方が、光輝く島・スリランカを訪れ、感動を味わい、素敵な思い出を創り、また行きたい!と思っていただくことが私たちの願いです。

どうぞお気軽にお問い合わせください。

ニュース

・2020年11月 : 最先端のライブストリーミングテクノロジーを用いて、自宅でくつろぎながらスリランカの野生動物との冒険を楽しめる企画ついての朗報が在日スリランカ大使館から届きました。

  詳細はこちら >>

・ 2020年8月 :  WTTC (世界トラベル&観光に関する評議会)が新この度のパンデミックへの対策や現在の状況を踏まえ、新しく導入された「訪れて安全」のスタンプをスリランカも8月10日受けたとのこと。この取り組みはWHO(世界保健機関)のガイドラインを全面的に尊重したものでUNWTO(国連世界観光機関)も歓迎している。スリランカの空港がもう次期再開されること期待しています。みなさんもお楽しみにしててください。
       WTTCの関連掲載記事:
       詳細はこちら >>

・ 2020年8月 : 今年3月からコロナ感染防止対策として空港を一時的に閉鎖したスリランカが海外からの観光客を8月1日から受け入れる方向で準備を進めていましたが、延期されました。まだリオープン日が発表されていませんが、そう遠くないと思われます。8月12日までの感染者数が2880名、回復者が2638名、残念ながら11名が命を落としてしまいましたが、早期に外出禁止令を発令し、テレワーク型に切り替え、生活必需品(現金、薬、食事、食材等々)の宅配にいち早く舵を切り、国民の苦労を極力抑えながら、比較的上手に想定外のパンデミックと戦ったと感じています。経済はかつてない以上圧迫していますが、国のGDPの12%を占める観光業の再開が待ち遠しいです。自国と現地空港でのPCR検査結果が陰性であることが条件に入国でき、その数日後に宿泊施設でのモバイルPCR検査を受けることが入国への条件とのこと。そして、今回のパンデミック発生後、南アジアで初めての国政選挙も8月6日に行われました。投票率が73%越え、昨年11月に勝利した現大統領と同じ党が事実上圧倒的過半数とり、久々の安定的な政権運営に期待したい!

おすすめ 記事

旅の準備

高級ホテル&リゾート特集

公式ソーシャルアカウント

メールマガジン登録

Close Menu
Close Panel